秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
本海獅子舞番楽(天池講中)
(ほんかいししまいばんがく(あまいけこうちゅう))

所 在 地
:
由利本荘市鳥海町下笹子
開催場所
:
地域内各所
開 催 日
:
1月3日/5月1日/8月14日
指   定
:
国指定重要無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 本海番楽とは、京都醍醐寺三宝院末の修験者であった本海坊の名に因んでいる。鳥海山麓に伝わる本海流と称される番楽のほとんどは本海坊が伝えたといわれる。寛永年間(1624~1645年)頃に旧鳥海町奥地から村々に番楽を伝授して、最後に荒沢(旧矢島町)にいたって死去したと伝えられている。
 宗教(修験)的な作法の入る獅子舞が舞われた後に番楽が演舞される習わしとなっている。かつては獅子舞と番楽の全部を総称して単に獅子舞と呼んだ。盆獅子は8月14日におこなわれる。舞い方と囃子方から構成され、番楽言立本(いいだてぼん)には14種の演目が記載されているが、調査時点では番楽太郎を伝承している。ほかに先番楽の復活も試みている。この番楽を担う人びとを講中と呼ぶ。
 これら番楽舞は五穀成就、天下泰平、一村一郷の幸福を招来するための予祝舞(よしゅくまい)といわれている。烈しく獅子頭を振り、歯噛みの音も高く鳴らすなど、勇壮な獅子舞をはじめ、式舞、神舞、武士舞、女舞、道化舞に構成され、多彩な番楽が演じられてきた。

協力元:本海獅子舞番楽 天池講中

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.