秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
出羽神社権現舞(でわじんじゃごんげんまい)

所 在 地
:
鹿角郡小坂町小坂字上小坂
開催場所
:
新山堂跡・出羽神社
開 催 日
:
9月8日
指   定
:
町指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子神楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 権現舞はかつて出羽神社の春秋の祭礼にあたって、上・中・下小坂の輪番制で奉納されたという。江戸時代、出羽神社は新山堂と呼ばれていたもので、獅子頭もまた権現と称されていた。神社での祭式終了後に、神前から獅子頭を下ろし、太鼓・笛・鉦・法螺貝の囃子に合わせて舞をおこなう。演目には、お国入りと四方固めがあり、これは太鼓と法螺貝による。四方固めの舞は、太鼓・笛・鉦の囃子によって四方固め・たすきの舞・太刀の舞が演舞される。獅子舞には、もたろうと米汲みがあって、太鼓・笛・鉦の囃子がつけられる。この権現舞というのは二人立ち一頭獅子舞であり、米汲みという、桶に入っている米を柄杓(ひしゃく)で汲むという舞の動作がみられるのが特色でもある。この獅子舞は山伏系神楽のひとつとされている。

協力元:出羽神社権現舞保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.