秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
大沢壮士舞(おおさわそうしまい)

所 在 地
:
山本郡藤里町大沢
開催場所
:
地域内各所
開 催 日
:
5月4日(熊野神社祭礼)
カテゴリー
:
風流
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 明治30年(1897年)頃、男女数名の勇芸者が諸国巡業の折に大沢集落に数日間滞在したという。この時、集落の人びとに剣、鎗、長刀などを披露したところ、それを習い伝えたいと志した者がいたために、武術が教授されたという。特にこの集落にいた戸嶋ナミ(としまなみ)という者に壮士舞が伝授されたことから、戸嶋がこれを集落の娘たちにも伝えたのが今の壮士舞といわれている。舞手は三人から五人で、囃子は締太鼓、笛、鉦と唄い手がつく。調査時点ではこの囃子手は台車に乗って回る。壮士舞は一幕と二幕のみで扇と刀を持って舞う。ほかに、おけさ・おはら・とおり音頭・鹿児島おはらなども披露されている。

協力元:大沢自治会芸能部会 壮士舞保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.