秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
今泉駒踊り(いまいずみこまおどり)

所 在 地
:
北秋田市今泉
開催場所
:
地域内各所
開 催 日
:
8月14・15日
カテゴリー
:
ささら・駒踊り
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 駒踊りは、戦国時代の川中島での武田信玄上杉謙信の勇壮な合戦の様を武芸化したものとされたり、江戸時代初めに佐竹氏が水戸(現茨城県)から秋田に転封されたときに佐竹殿様の不満を慰めたとか、藩内巡遊の旅の無聊(ぶりょう)のために時々に演じられたとか、諸伝承があって定かではない。古くは獅子踊り(一人立ち一頭獅子)もあったといい、近年までは駒踊りと奴踊りを伝えたが、調査時点では駒踊りのみとなっている。駒踊りは合戦に入る前から終わるまでの騎馬の状況をつぶさに表現したものという。演目には、ぶっ込み・馬引き唄・場作り・五拍子・さんば・ひざ折り・おかざき・七五三の肩乗りがある。ぶっ込みでは一列になって前に進み、場つくりからひざ折りまでは双方向かい合って数回競合して拍車を掛け、最後の七五三の肩乗りでまたそれぞれ横一列となって退場していくものである。囃子は太鼓と笛で構成されている。この駒踊りは八幡岱(旧合川町)から伝承されたともいわれるものである。

協力元:今泉駒踊り保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.