秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
独鈷囃子(とっこばやし)

所 在 地
:
大館市比内町独鈷
開催場所
:
比内町民舞伝習館
開 催 日
:
旧暦5月28日(大日神社祭礼)
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
太鼓風流・祭り囃子
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 独鈷囃子は、天文7年(1538年)に甲斐国(現山梨県)から独鈷に移ったとされる浅利則頼が独鈷城を築き、その折の祝宴に自ら剣を採って舞ったのが始まりとされている。そのために囃子だけではなく踊りも付けられている。大日神社の祭礼宵宮祭にあたって囃子屋台を引き回して町内を演じて歩く。祭礼の当日は舞台上でおこなわれるが、その演目は両日ともかわらない。演目としては寄せ囃子・本囃子(独鈷囃子)・剣囃子・帰り囃子の4種とされる。踊り手は主として大人子どもの女性で、囃子には大太鼓、締太鼓、笛、三味線がある。この囃子は大館囃子と似通うところがあるとするものの、その関係は明らかになっていない。

協力元:独鈷囃子保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.