秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
中館番楽(なかだてばんがく)

所 在 地
:
山本郡三種町鹿渡字中沢
山本郡三種町鹿渡字焼野
開催場所
:
中沢地区内各所・館村地区内各所
開 催 日
:
8月13・14日
指   定
:
町指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 中館番楽は中沢と館村の2集落で毎年交互に開催している。番楽の始まりは、伝承によると江戸時代以前といわれている。阿仁の根子(旧阿仁町)地域から山越えをしてきたマタギが、獣の皮や熊の胃などを売りながら宿をとって伝授したものと伝えられる。そのため根子番楽と同じ系統だとされている。番楽の演目には、武士舞・三刃抜・高舘・恵比寿舞・鈴木の三郎・華舞・曽我舞・翁舞・三番叟などがあり、かつては23番を伝えていたという。番楽は正面に幕を張り、その内側には舞い手が控えて、幕の前右側には囃子方の太鼓、手平鉦、笛、口上役が着き、左方には拍子木を打つ厚板をおいた囃子方がいる。演舞のうち、鈴木の三郎は太鼓を採って振り回すなど勇壮な場面があり、恵比寿舞では鯛釣りの撒き餌の仕草があり、実際には飴を撒いているものである。かつて女性は携わることがなかったが、戦後、囃子方には次第に女性が入るようになってきた。

協力元:中館番楽保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.