秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
くも舞(くもまい)

所 在 地
:
男鹿市船越
開催場所
:
船越水道水面上
開 催 日
:
7月7日
指   定
:
国指定重要無形民俗文化財 東湖八坂神社のトウニン(統人)行事
カテゴリー
:
風流
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 東湖八坂神社の祭礼でおこなわれるもので、例祭に奉納されている。この祭礼では天王側から出される神人(素戔嗚尊)が黒牛に乗って町を練り歩く「牛乗り」と対になったもので、船越水道(水上)を2艘の舟に立てられた柱に綱を張り、その上を舞台にした、船越側から出される赤い衣で全身を覆った神人(八岐大蛇)が、とんぼ返りの舞を演じるものである。これは神話を再現したとされ、古事記にみえる「八岐の大蛇退治」の故事と、地域の水神信仰が習合したものとされ、祭礼では特に豊作・豊漁・悪霊退治を祈願するとされている。くも舞はもともと細い綱を渡る姿をクモに見立てていう綱渡りの一種で、室町時代から江戸時代初めにかけて流行したものという。

協力元:東湖八坂神社トウニン行事保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.