秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
田代盆踊(たしろぼんおどり)

所 在 地
:
能代市二ツ井町田代
開催場所
:
地域内各所
開 催 日
:
8月13日/9月第1日曜日
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
風流
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 田代の盆踊りは盆と9月上旬の2回行われる。大正末期頃までは、上部(高屋敷、向田、八兵衛、七村)集落ではささら(獅子踊り)があり、下部(中村・名左衛門・出羽田代)集落で番楽がおこなわれていたという。慶応年間(1865~1868年)に下岩川長面から田代に嫁に来た女性たちが根子番楽を男衆に伝え作祝いとして踊った。同じ頃また阿仁から来た女性たちは若いとき覚えたという駒踊り、作踊りを踊ったものだという。不作の年は特に女性たちは赤い着物を着て豊作を祈り、悪病を祓うとして盛んに踊った。しかし、番楽や獅子踊り、駒踊りはすでに途絶えてしまい、調査時点では踊りだけが伝承される。演目には、ブッコミ・ダラスケ・ソンガヤ・ミツアシ・サンカツ・ネコジャ・ソンデコの7種類あるが、それぞれ各集落が1つずつ披露することになる。昔は、旧6月15日を幕開けとし、旧8月15日には作踊りをして幕納めとした。囃子は太鼓と笛で、踊り手は輪になってブッコミから入って、各地で踊って廻る。

協力元:田代郷土芸能保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.