秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
花輪ねぷた(はなわねぷた)

所 在 地
:
鹿角市花輪
開催場所
:
各丁内・鹿角花輪駅前・稲村橋
開 催 日
:
8月7・8日
カテゴリー
:
風流
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 花輪ねぷたは、ネブリ流し系の七夕祭礼であるが、ここでは将棋の駒をかたどった大きな灯籠を屋台につけて引き回し、最後に火をつけて川に流すという悪霊祓いとされている。8月7・8日の両日おこなわれるもので、各丁の若者組が主となり王将大灯籠、中王将、小王将に大太鼓屋台がつけられる。灯籠屋台につく囃子の太鼓屋台は丁内を引き巡った後、8日の夜には稲村橋に全丁の灯籠が集合して、川に流される。巡行の時は七夕囃子を演じるが、流しとその後は大の坂を囃す。七夕囃子は単調な拍子とされるが、笛の音にサッサッサァーの掛け声が入る。大の坂は哀調を帯びているために流し後におこなわれてきたとされる。いずれにも太鼓の拍子に笛がつけられている。

協力元:花輪ばやし祭典委員会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.