秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
白沢獅子踊り(しらさわししおどり)

所 在 地
:
大館市白沢
開催場所
:
神明社・地域内各所
開 催 日
:
8月14日
カテゴリー
:
ささら・駒踊り
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 白沢獅子踊りは、佐竹氏が秋田に転封されたときに伴ってきた人びとによって伝承されたものの流れをくむとされる。囃子の拍子は少し異なるものの松木(旧大館市)の獅子踊りと類似していることから松木獅子踊り(大関東流唐獅子踊り)とは兄弟ではないかともいわれてきた。獅子踊りというが内容は一人立ち一頭獅子による三匹の獅子踊り、奴踊り、棒使いが演じられている。演舞の場所には、太刀、棒、奴獅子、囃子方、と続き入ってくる。最初に棒使いの演舞として、長棒と長棒・長棒と太刀・鎌と太刀・半棒と半棒・半棒と半棒がある。次に奴踊りがあり、オオギヤッコ・ツバキヤッコ・アヤノサンビョウシ・アヤノゴビョウシ・アヤノサギリ・カタナノサンビョウシ・カタナノゴビョウシがある。獅子舞は、ハシガケ・ヤマガケ・トモヅレの演舞がある。獅子踊りの特色は、先祖供養の意味で踊るときと豊作を祈る踊りとでは踊り方が異なるということである。

協力元:白沢獅子踊り保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.