秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
福米沢送り盆行事(ふくめざわおくりぼんぎょうじ)

所 在 地
:
男鹿市福米沢
開催場所
:
地域内各所・墓地
開 催 日
:
8月16日
指   定
:
県指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
太鼓風流・祭り囃子
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 福米沢の送り盆行事に演舞される囃子太鼓である。この送り盆行事は江戸時代の初めにはおこなわれていたとされ、お盆に迎えた祖霊を囃子にのせて送るというものである。この囃子は送りだけのもので、迎え行事には一切関係しない。演目名は特にないが、宿から集落の外れにある墓地に行くときと戻るときの二つの拍子に分けられるのみとなっている。一列になって、太鼓を担いだ者が一人で叩きながら、その歩みは特別な足捌きで進む。それにささらすりが続く。その後に、笛吹きがつくというものである。この囃子の行列は新盆を迎えた家の前で盛大に演じながら、墓地を一回りして戻る。この時、橋止めといって途中で一般人がこの行列を梯子で止めるということがおこなわれる。橋止めを過ごした後は宿に戻り終了するものである。

協力元:福米沢送り盆保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.