秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
畑稲荷神社シャギリ(はたいなりじんじゃしゃぎり)

所 在 地
:
にかほ市畑
開催場所
:
当番宿・地域内各所
開 催 日
:
5月第4日曜日
カテゴリー
:
風流
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 シャギリは賑やかな囃子や舞をつけた祭礼の神賑(しんしん)行事とされている。畑稲荷神社では、祭礼の宵宮祭において神輿が神宿に遷された次の日、この神宿で最初演じられる。ここでは最初に十二段獅子舞があり次にシャギリの演舞として狐踊り・米節、が披露される。次に神輿の巡幸に付き添う形で、囃子屋台と舞子がつき、集落内各要所要所で演じている。囃子は太鼓・笛・鉦であり、以前は三味線もつくものであったが、三味線は廃れてしまった。シャギリの囃子は巡幸時に演奏されるが、神輿が神社に戻るときだけは太鼓の囃子で甚句を演じるとされる。鉦叩きをセッチョと呼び、野良着や農作業の古着を着けるもので、シャギリ囃子の節々で「アー、セッチョ」と囃して廻る。狐踊りは赤い着物を着て指で狐の顔をつくるようにしながら手踊りをする。米節は稲作の作業の全過程を現したものという。

協力元:畑稲荷神社シャギリ

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.