秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
常州下獅子踊(じょうしゅうくだるししおどり)

所 在 地
:
能代市二ツ井町小繋
開催場所
:
地域内各所
開 催 日
:
8月13日
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
ささら・駒踊り
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 小繋に伝承される獅子踊りは慶長7年(1602年)佐竹氏が元常陸太田(現茨城県)から秋田に転封の折に常州(現茨城県)から随従し、道中興行した人びとが檜山に移住したという。それを道地(現能代市)の若者に伝えたのが各地に伝播したもので、従って獅子踊りは道地から伝来したとされている。駒踊りは八幡岱(旧合川町)から習得したのだといわれる。獅子踊りは、大切・中切・女獅子かくれる時・小切りからなる。奴踊りは演目も多く、マワリ奴・モミジ奴・サツマ奴・トラ奴・トラッコ・マスジャ奴・ゴヒョウシ・オオギクズス・ニシメ奴・フジガラミ・シラハ奴・アヤ奴・ナガシ奴・カジ奴・シナ奴・テビョウシ・ダンダカデンコなどがある。扇とササラを用いて踊るものである。駒踊りには、サンバ・岡崎・ひざおり・島乗り・おお乗り違い・五拍子・七五三の片乗りがある。囃子は大太鼓と笛がつけられる。なお、この獅子踊りを伝える由来書(巻物)が大切に保管されている。

協力元:小繋郷土芸能保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.