秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
根子番楽(ねっこばんがく)

所 在 地
:
北秋田市阿仁根子
開催場所
:
阿仁公民館根子分館
開 催 日
:
8月14日
指   定
:
国指定重要無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 根子番楽は、源平合戦の遺臣または落ち人が伝えたものとの言い伝えがあり、現在まで伝承されたものという。言立(いいだて)が文学的に優れた内容を持っていることと、舞の形式が能楽の先駆をなす幸若舞以前のものであるということの大きなふたつの特色を持つ。舞は勇壮活発な武士舞と静かで古典的な舞に大別される。東北地方に伝承されている山伏神楽(修験系の神楽)のなかでも、特に言立や芸態の伝承が確実のものといわれている。毎年8月14日に五穀豊穣、無病息災、家内安全を祈り阿仁公民館根子分館(旧根子小学校)で演じられるほか、地元の神社祭礼などでも演じられる。演目には露払い・翁舞・三番叟・信夫太郎・鞍馬・作祭・曾我兄弟・敦盛・鐘巻などがあり、式舞、武士舞、可笑がみられる。囃子には太鼓・拍子板・手平鉦・笛・法螺貝・歌い手がある。

協力元:根子番楽保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.