秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
切石作々楽踊(きりいしささらおどり)

所 在 地
:
能代市二ツ井町切石
開催場所
:
地域内各所・墓地・ささら宿
開 催 日
:
8月13・14日
指   定
:
県指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
ささら・駒踊り
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 切石作々楽踊は佐竹義宣公が元常陸太田(現茨城県)から秋田に国替えをした際に随行してきたといわれている道地村(現能代市)の作々楽から伝授されたものという。演目には大名行列、獅子舞、奴舞、万歳、棒術がある。舞の勇壮さと拍子のメリハリに特徴がある。盆には切石地区内で、先祖供養と豊作祈願、人びとの楽しみのためとして演じられている。奴舞の演目は、まわり奴・十六拍子・桜奴・おどり奴・振奴・綾奴・むじり奴・ちらし奴・田代振奴・綾振り奴・扇奴・すくりさんば・かんむり奴・花奴・流し奴・阿仁拍子・とぎ奴・さんばさ・さつま奴・山の神・切り奴・諸三拍子・ぶっこみ奴がある。作々楽は一人立ち一頭獅子舞で、男獅子、中獅子、女獅子がいて、男獅子と中獅子が女獅子を奪い合うという物語を表す。跳躍が激しい。棒術はもとは棒使いといい、演目には数種がある。万歳は太夫才蔵の二人で掛け合いの万歳をおこなう。演目には御国万歳・桜万歳がある。囃子は笛と太鼓である。

協力元:切石郷土芸術振興会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.