秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
代野番楽(だいのばんがく)

所 在 地
:
大館市岩瀬代野
開催場所
:
稲荷神社
開 催 日
:
1月1日
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 代野番楽は今では正月元旦に地域の鎮守社である稲荷神社に奉納されている。この番楽は江戸時代に始まったとされるが、明確な資料は存在しない。一人の旅芸人(または僧)がこの村に立ち寄ったときに伝授されたものと伝えられる。俗に番楽岱と呼んでいる地があって、最初はそこで番楽を演じたといわれる。番楽は武士舞と狂言舞に分かれるとされ、もとは、露払いから始められ、一人武士、金巻、二ノ曽我、高立、車角力、三馬、翁舞、紅葉狩り、恵比須舞、千才、山神舞、四拍子、根子切があった。調査時点では、露払い・一人武士・高立・金巻・扇舞・二ノ曽我が伝承されている。囃子は太鼓・横笛・拍子木・鉦である。

協力元:代野番楽保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.