秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
錦木古川大太鼓(にしきぎふるかわおおだいこ)

所 在 地
:
鹿角市十和田錦木
開催場所
:
稲荷神社境内
開 催 日
:
8月7・14日
カテゴリー
:
太鼓風流・祭り囃子
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 錦木塚祭及びお盆の14日におこなわれる太鼓芸のひとつ。錦木地域には8組の若組があって、それぞれ拍子が異なるものの、錦木第一大拍子だけは同じとされている。錦木古川大太鼓は大太鼓というように皮の経は3尺8寸(約1.15m)もあり、胴は桶状に組み立てられた長さ5尺(約1.5m)とされるもの。重さは約45kgという。打ち手がひとつの太鼓を帯で担ぎ、両手に持ったバチで打ち鳴らす。たいていはそれに補助員がつく。演目には錦木第一大拍子・古川五拍子・古川大拍子・センリツ・錦木スカザケ・古川三拍子がある。太鼓は3ガラ(個)以上を用いて、いずれの演目にも笛の伴奏がつき、合わせて奏でられる。錦木では他の大太鼓と異なり、一人太鼓の場合の叩き方や襷掛けが異なるとされている。そのため、もともとは他村には公開しなかったものだった。打ち手の服装は田モンペに野良着、袢を着け、手拭い鉢巻、黒足袋、藁草履としている。

協力元:錦木古川大太鼓保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.