秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
大館囃子(おおだてばやし)

所 在 地
:
大館市大町 (平成23年度調査時の当番町)
開催場所
:
町内各所
開 催 日
:
9月10・11日
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
太鼓風流・祭り囃子
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 大館囃子は大館神明社の祭礼でおこなわれる囃子、屋台を含めていうものである。神明社の祭礼はもともと八朔祭礼とし旧暦8月1日におこなわれていた。八朔日は伊勢信仰でも特に重くみられ、五穀豊穣を祈るものであった。ここでの囃子は、宮形屋根を架けて吹き抜け屋台に囃子方と踊り手を乗せ、神社に奉納するとして囃子を奏で、踊りを披露しながら各町内を引き回すものである。大館城主であった佐竹氏が近世初めに元常陸太田(現茨城県)からの転封にともない道中に奏でてきたものを伝えたという。囃子は特に京風の流れを汲むものとされ、それは町方や親方衆が若者を京都に送り伝授させたとも伝えるのである。囃子は4曲があり、最初は寄せ囃子、2つ目は大館祇園囃子、3つ目は剣囃子といい武士たちが囃子に合わせて剣の舞を舞ったとも伝えるものである。4つ目は還り山というもので、戦場より勇ましく凱旋する様をあらわす曲とされている。その他に秋田音頭を取り入れたものもある。
 囃子は太鼓・三味線・鉦・笛で構成され、踊りには扇を使うことが多い。

協力元:大館ばやし保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.