秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
神楽羽立(かぐらはだて)

所 在 地
:
男鹿市脇本脇本字七沢
開催場所
:
菅原神社・地域内各所
開 催 日
:
4月24(宵宮祭)・25日(本祭)
カテゴリー
:
巫女神楽・湯立神楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 男鹿地域一帯でおこなわれていた神子舞で、湯立神楽のひとつとされる。秋田県内では神子神楽は、ほぼ郡市単位で分けることができるもので、この地の神楽は男鹿神楽というより南秋(旧南秋田郡)神楽とも呼ばれてきた。主として神社祭礼で舞われるもので、神職の太鼓、手平鉦、笛の拍子に合わせて鈴や扇を採って舞うものである。神楽羽立という舞には湯立てがともない、神職の湯立て神事の後、その湯箒を採ってまた神子舞をする。この神子舞は、元はとり神楽といって、神職と神子による神歌が交互に交わされて舞うものもあった。

協力元:菅原神社

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.