秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
餅搗き踊り(もちつきおどり)

所 在 地
:
北秋田市米内沢林の腰
開催場所
:
熊野神社
開 催 日
:
8月28日
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
風流
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。





 例年の熊野神社祭礼の宵宮祭にあたって奉納されるものという。米内沢(旧森吉町)でも新町にのみ伝承されている踊りだが、その起源は明らかではない。口碑によれば、盆の仏の供養として踊ってきたものらしい。そのため盆の15日なると町の中心の通りに大きな臼を持ち出し、仏前に供えられた各家々の赤飯を集めて回り、それを餅種にして、円陣を組み、餅を搗きながら踊ったものといわれる。搗いた餅は皆に振る舞われるが、この餅を食べると虫歯にかからないとか、夏負けをしないとかいわれている。昭和43年(1968年)からは、路上でおこなうことに危険を感じ、8月29日の熊野神社例祭前夜の宵宮祭に奉納することとなった。演目の構成は、餅搗きの全作法を取り入れた餅搗き踊りで、それに続けてメラシ踊り・猫竜・通り音頭となり、最後はケンバヤシで終わる。さらにジョンカラ・秋田音頭・台ノ坂などの盆踊りと同様な踊りもおこなわれる。

協力元:熊野神社餅搗き踊り保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.