秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
椒沢番楽(はじかみさわばんがく)

所 在 地
:
大仙市大沢郷宿字椒沢
開催場所
:
地域内各所
開 催 日
:
8月14日
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 椒沢では毎年8月14日の盆の一日間だけ演じられている。盆ということから先祖の供養と解釈されてきた。獅子頭を安置してある神前に獅子舞を奉納した後、各家々を廻り、座敷で獅子舞を演じていく。獅子舞には一番から三番まであるが、それを順次に一頭、二頭、三頭、と呼んでいる。椒沢ではこの獅子舞だけではなく、本来は番楽諸曲があって、権現堂に獅子舞を奉納した後、当番宿の舞台で演じていた。かつては前番楽・鳥舞・爺・三番叟・篠生・二人蘇我・しおり・扇の松・高太刀・剣舞・金巻・蕨折り・爺翁・おかし・根子切り爺・山ノ神などがあった。この時に演じられるもので、最初の獅子舞から始め、酉舞・三番叟を終えると次からの番楽諸曲は決まっていない。囃子には太鼓、笛、すりがねがある。

協力元:椒沢番楽保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.