秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
古内神楽(ふるうちかぐら)

所 在 地
:
横手市十文字町佐賀会字石川原
開催場所
:
新山神社
開 催 日
:
9月7(宵宮)・8日(本祭)
カテゴリー
:
太鼓風流・祭り囃子
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 地域の鎮守新山神社祭礼に奉納される神楽である。この神楽は小学生だけでおこなわれるもので、神事の祭式につけて演じられるものとなっている。楽器は大太鼓・小太鼓・鼓・拍子木で構成され、神楽の一番と二番のみである。神楽というものの唄や舞はなく、総じて単調な拍子で囃すものである。神楽の起源や伝播などについては全く不明であるが、新関子ども神楽から習い覚えて伝えてきたものといわれる。平成の初め頃に新関子ども神楽が絶えたためにこの地のものを再び伝えたという。神楽の服装は烏帽子に千早、袴を着たもので、近年新調されている。

協力元:新山神社氏子

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.