秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
伏見神楽獅子(ふしみかぐらしし)

所 在 地
:
由利本荘市鳥海町伏見
開催場所
:
太平山神社・地域内各所
開 催 日
:
1月20日/8月13・14日/11月上旬
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
大神楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 この地域では本海流獅子舞番楽が圧倒的に多いなかで、伊勢流大神楽を伝承しているところでもある。神楽獅子は集落の五穀豊穣と無病息災のために舞われるとされ、1月20日の太平山神社(たいへいざんじんじゃ)の例祭で奉納演舞される。この日が舞い始めにあたり、11月上旬が舞い納めとなる。この間、盆獅子というのが8月13日の夜から14日にかけて集落内を巡行し各家々で舞われる。この巡行にはミチギリ(道切り)といって集落の境で必ず舞われたものがあったが、調査時点ではおこなわれていない。
 舞い方は四人で、獅子頭を被ったものを頭持ちといい、ほかに胴持ちといって獅子幕のなかには三人が入り、みな足をそろえて舞っていく。

協力元:伏見神楽獅子

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.