秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
種番楽(たねばんがく)

所 在 地
:
能代市二ツ井町種
開催場所
:
熊野神社・地域内各所
開 催 日
:
5月3日
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 かつて熊野神社祭礼にあたって種番楽が奉納されていた。中世この地の領主の娘が重病にかかった際に、この神社に祈願をして番楽を奉納したところ治癒された。それ以降、毎年村内の安全と豊穣を祈って番楽を演じるものとなったといわれる。少し以前では祭礼の夜宮にあたる日に、通り音頭で集落内を巡行して、祭礼当日は神社拝殿での権現獅子舞の後、集落内を巡行するものであった。そして盆の14日には集落の会館において番楽が演じられた。番楽の演目は、露払い・三番叟・翁舞・松迎・えびす舞・山の神舞・千才舞・信夫太郎・潮汲舞・女舞・鳥舞・二人曽我・高立・狐上り・荒舞・鈴木舞・紅葉上り・熊谷・敦盛・忍田の森・志賀段七・鬼人の小町・寺狂言・釣狂言・遊狂言など多彩であった。この間には芝居も入れられていた。調査時点では祭礼で獅子舞を演じるのみで、その後、集落内を獅子の巡行門付けをして廻るものとなっている。

協力元:種郷土芸能保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.