秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
元城獅子舞(もときししまい)

所 在 地
:
雄勝郡羽後町西馬音内堀回字元城
開催場所
:
神明社・地域内各所
開 催 日
:
8月14日
指   定
:
町指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 元城獅子舞は獅子舞というが番楽舞も入っている。伝承されるのは神前の舞という扇を採って舞うもの、獅子頭を採って舞う獅子舞などである。舞方と囃子方から構成されていて、囃子には太鼓、鉦、笛がある。唱え言葉は鳥舞のみにつけられているが、このなかに「千代や千代や千代のや御神楽まいらせてまいらせ鳥は・・・」とあるように、鳥舞を神楽ともいった痕跡を残している。
 8月盆に、集落を巡行して廻るが、最初神明社で獅子舞を奉納した後、塩出、元城、郷ノ目、梺(羽後町)などを回村して門付けをする。この時新築の家では座敷で番楽を演ずることもある。

協力元:元城獅子舞保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.