秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
沢内獅子舞(さわうちししまい)

所 在 地
:
由利本荘市矢島町川辺字沢内
開催場所
:
日住神社・地域内各所
開 催 日
:
8月13日/12月31日
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 獅子頭は日住神社(ひすみじんじゃ)の獅子と称し、舞は沢内獅子舞という。古くは獅子舞の他に番楽舞もあったとされるが、調査時点では番楽面や衣装、道具などは存在しない。この地の獅子舞は二階集落(旧鳥海町)に伝わる本海番楽の流れをくんでいるといわれた。
 調査時点では獅子舞だけで、大晦日と盆に悪魔祓い、家内安全、五穀豊穣を祈願して集落内各戸を廻って演舞されていた。神社から口上渡り(道中囃子)で家々を巡るのだが、家では神棚の前に獅子頭を安置して、口上渡りを2、3度囃して、次に獅子振りが幕取りを後にしたがえて獅子を舞わす。獅子は歯噛みを烈しく拍子にあわせて噛み鳴らす動作がみられる。獅子舞には歌がつけられていたが、調査時点ではおこなっていない。
 舞手は獅子振りと幕取りで、囃子手には太鼓、手平鉦、横笛がいる。

協力元:川辺沢内獅子
映像提供元:由利本荘市教育委員会 矢島教育学習課

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.