秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
高松番楽(たかまつばんがく)

所 在 地
:
湯沢市高松
開催場所
:
上地神明社・地域内各所
開 催 日
:
旧暦7月6日/旧暦8月1日(平成24年度調査時点では休止中)
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 起源は古く慶長(1596~1615年)の頃より、各地からの修験者たちが奥宮山(旧皆瀬村)を信仰対象として山で修行を重ねたとされ、冬は山から下りてきて村に留まり、その時に番楽を若者たちに伝えたというものである。高松番楽といっても高松地域の上地集落に伝わっていた番楽で、旧暦7月6日の神明社祭礼の時におこなわれていた。集落内に舞台を組みそこで舞うものであった。演目には御上使をはじめ、獅子舞・御神楽・荒舞・山の神舞・信夫・弁慶・曾我兄弟・藤五郎盛長・羅生門・花車・わらび折り・機織などがあった。これは大別して、式舞、神舞、武士舞、女舞、狂言の区別がなされてもいた。番楽の中心はなんといってもお獅子だとされ、獅子舞は大事にされたものである。その獅子舞は八朔の日(旧暦8月1日)におこなわれる作祭りにおいて、集落内各家々を門付けして廻るものであった。この獅子舞には厄除け、招福、火伏の霊験があると信じられてきた。

協力元:高松番楽保存会
映像提供元:湯沢市教育委員会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.