秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
生保内岡本新内(おぼないおかもとしんない)

所 在 地
:
仙北市田沢湖生保内
開催場所
:
随所
開 催 日
:
随時
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
見せ物芸・小歌踊
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 かつてはお座敷で盛んにもてはやされた岡本っことよばれてきた舞踏であるが、調査時点では不定期に披露されている。岡本新内は元禄年間(1688~1704年)に岡本宮古太夫によって完成されたといわれ、新内(節)は心中道中物を歌った芸妓のお座敷舞踏で粋人芸による完成度の高いものという。最初、雄物川流域に沿って遡上して伝わり、宿場町として栄えたこの地にももたらされたといわれる。これを民間にも伝えたのは江戸時代末期とされ、調査時点では神社祭礼、祝賀催事などで披露されていた。三味線に長唄をつけて、それにあわせて踊りがある。演舞曲は1番から3番までとなっているが、踊りの振りは全部異なっている。

協力元:生保内岡本新内保存会
映像提供元:仙北市教育委員会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.