秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
大倉沢獅子舞(おおくらざわししまい)

所 在 地
:
由利本荘市大倉沢
開催場所
:
地域内各所
開 催 日
:
8月14日
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 獅子頭の由来は不明だが、赤田長谷寺是山泰覚(ぜざんたいかく)が刻んだものともいわれる。荒削りとしたものだが、上顎奥に、金剛界大日如来種子梵字)と不明の種子が記されていることから、神仏習合の信仰がうかがえる。
 ここの獅子舞は葛岡(旧大内町)から伝わったとされ、さらに大倉沢から中館にと伝習されていったものである。獅子舞というが、やはり番楽もあったといい、言立本(いいだてぼん)(年月未詳)には14番の演目が記されている。現在は獅子舞だけが伝承されている。地舞と獅子振りに分けられるが、地舞は正面、右、左の3方を踏むだけという特色がある。
 獅子舞は門廻しという行事のみでおこなわれるもので、年に一度の盆のみとなった。門廻しの際に移動中の囃子は番楽舞の「みしま」という囃子をつけることになっていて、葛岡と同じで、これには歌も入っている。

協力元:大倉沢獅子舞

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.