秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
釜ヶ台番楽(かまがだいばんがく)

所 在 地
:
にかほ市釜ヶ台
開催場所
:
公民館・地域内各所
開 催 日
:
8月14・20日
指   定
:
県指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
獅子舞・番楽
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 釜ヶ台番楽は、通称番楽と呼ばれているが、本海流の獅子舞番楽のひとつである。本海流は番楽とは天正(1573~1592年)から寛永(1848~1854年)にかけて、京都醍醐寺三宝院を本拠とする当山の修験に属した、といわれる本海行人によって、鳥海山麓の各地に伝承されたものである。本来は番楽といわずに獅子舞と称したのであって、獅子舞を中心として多数のいわゆる番楽舞を総称している。
 この地の番楽は5拍子とされて、舞が入念であることから、本海行人の比較的若いころに伝授したのだろうといわれる。番楽の始まりは獅子舞で、神舞と獅子舞からなる。その他に拝舞・鳥舞・若子舞・さかさま番楽など、式舞、武士舞、女舞、狂言など多彩な演目がある。
 舞は民家の座敷でおこなわれたもので、楽屋と舞台を張り幕(番楽幕)で仕切り、舞い手は幕の陰から前にくぐって出てくる。
 獅子舞はお盆の期間に新盆の家、二十日盆の当番宿で舞われ、9月には道元講のためとしてもおこなわれている。獅子が移動するときには小路渡りという囃子があり、演目と幕合いの楽は始終途切れないことになっている。

協力元:釜ヶ台番楽保存会
映像提供元:にかほ市教育委員会 文化財保護課

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.