秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
北福田のシャギリ(きたふくだのしゃぎり)

所 在 地
:
由利本荘市北福田
開催場所
:
神明社・長谷寺
開 催 日
:
8月22日
指   定
:
市指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
風流
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 シャギリの発祥は山伏修験者が山中の道行きに獣除けとして囃子を奏でて歩いたことからとされて、主に魔除けの意味でおこなわれるという。
 北福田のシャギリは囃子手と踊り手からなるが、囃子には社切囃し・神楽囃し・剣囃し・ロクダ囃しがある。社切囃子の調子は京都の祇園囃子の流れをくんでいるといわれている。
 踊り手は僧衣をまといひょっとこ面を付け、大地を踏んで跳び上がるだけの素朴な作法であるが、一種の願人踊り(一日市願人踊)のようにもみえる。長谷寺大仏殿の前では鉦を手にして鳴らしながら手足を大きく振り上げて、跳び上がる動作を3回繰り返して踊る。
 調査時点では、長谷寺と神明社の祭礼(大仏祭礼)のときにのみしか演じられなくなった。

協力元:北福田社切保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.