秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

知る
秋田の「民俗芸能」を解説するページです。

右のボタンをクリックすると、本事業で便宜上分類したカテゴリー(分類)の解説をご覧になれます。
見せ物芸・小歌踊(みせものげい・こうたおどり)

元来見せ物というのは社寺の祭礼や縁日、あるいは盛り場などに仮に設置された小屋や舞台で様々な芸能をはじめ、奇異なものを見せて金銭を取る興行をいう。民俗芸能での見せ物は芸を見せることにあって、放下や蜘蛛舞、軽業、角力、小歌踊などをいう。神楽という伊勢太神楽がもととなったものが曲芸だけが残ったものも見せ物芸にいられよう。かつては一人で8つの楽器を鳴らす八人芸といわれるものもあった。角力などの見せ物は、元来が社寺の祭礼による占い要素や、豊作祈願が込められていることが多く、興行的な金銭のともなう民俗芸能は少ない。

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.