秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

知る
秋田の「民俗芸能」を解説するページです。

右のボタンをクリックすると、本事業で便宜上分類したカテゴリー(分類)の解説をご覧になれます。
ささら・駒踊り(ささら・こまおどり)

ささら

ささら、作々楽、佐々良などとも表記される。一人立ち一頭獅子舞であるが、たいていは三頭の獅子で踊ることから三匹獅子と呼ばれる。小さな獅子頭を被り腰鼓を叩きながら跳躍が激しいもので、囃子には謡が入り、大太鼓や笛の囃子がついている。ささらの語源は三頭の獅子と絡み合いながら踊りを繰り広げるささら摺りのカッキリ、ザッザカなどと呼ばれる道化役が出て、ビンザサラを摺るところからこの獅子踊りの名称ができたといわれる。本県の仙北地方ではささらが移動するときの行列にはオーセーとかオオジ(福禄寿などともいう)が唐団扇を持って廻ることや、毛槍、はさみ箱などがつけられた豪華な仕立てがみられる。ささらは獅子舞の一種であるが、それに付随して棒術、奴踊りなど多彩な芸能が複合している。秘伝の巻物を有している場合が多く、近世初期に佐竹氏移封に伴って道中の慰めに踊ったものが伝わったとする伝承も多い。なお、ささらは、獅子踊り、ささら舞、ささら踊りなどの名称にも一定したものはない。


駒踊り

駒形に武将がまたがるようにして仮装した姿で、馬の手綱を取り、自ら跳んだり跳ねたりして踊るもので、三番叟、つがい駒などの演目があり、馬子唄なども入る。囃子には太鼓、笛がつけられる。駒踊りといってもそれだけのものは少なく、ささらと同様に奴踊り、棒術、万歳など風流系の芸能がつけられることも特徴である。本県では、駒踊りは、県南には全くみることができないという特色のあるもので、馬産地の信仰的意味合いも強いといわれてきた。南部(青森・岩手両県の一部)にも分布しているので、本県との関わりが考慮されよう。

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.