秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

知る
秋田の「民俗芸能」を解説するページです。

右のボタンをクリックすると、本事業で便宜上分類したカテゴリー(分類)の解説をご覧になれます。
獅子神楽(ししかぐら)

獅子神楽

この獅子舞は主に本県では雄勝、平鹿、仙北地方の神職、神楽師によって演じられる神道系の神楽にみられる獅子舞である。そのため、他の獅子舞とは異なり、蛇頭神楽とか、獅子舞神楽などと呼ばれるもので、系統が違うとされる。神社祭礼に奉納演舞される獅子神楽には湯立て神楽をともなうこともあるが、獅子を巡行させて村々の門付けをして舞う場合には湯立て神楽はつけられていない。獅子舞といっても寿舞・山ノ神舞、などの神楽も演じられ、それに獅子舞が演じられるもので、これらを一括りとして演じられるために獅子舞神楽といってきた。獅子舞そのものには御祈祷獅子、早獅子、などみられるが、総じて後ろ幕を広げて獅子は地面を這わせるような仕草と、歯合わせをして拍子をとる所作がみられ、動きも速い。舞中に参列者が獅子の前に差し出した手拭いや布を獅子が噛み食うようにしてもらい、後にそれらを身につけると病気、怪我などを免れるという信仰がそなわり、必ずこうした作法もみられる。


獅子大権現舞

本県では、主に鹿角地方にみられる獅子舞の一種。旧南部藩内に伝承されてきたとみられる獅子舞であるが、この獅子舞は本来は湯立て神事がともなうもので、湯立て神楽系の獅子舞といえる。素舞といわれる獅子を直接とらないで湯釜の前で襷、幣束、鈴、お扇、刀などをもって舞うもので、その後獅子舞をおこなう。獅子頭はひとりで舞わし、後ろ幕を細めてとるなどした二人立ち一頭獅子舞である。獅子舞は本舞といわれるが、その後には獅子が柄杓をとり、桶から米を汲む所作といわれる米汲み舞もおこなわれる。獅子舞が終われば、湯立て行事に移るものである。この獅子舞は修験的信仰要素が多く含められているとされ、獅子頭も権現として崇められているものである。囃子の多くは大拍子太鼓を中心として、笛、鉦で構成されることが多い。

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.