秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

知る
秋田の「民俗芸能」を解説するページです。

右のボタンをクリックすると、本事業で便宜上分類したカテゴリー(分類)の解説をご覧になれます。
太鼓風流・祭り囃子(たいこふうりゅう・まつりばやし)

太鼓風流

太鼓風流は太鼓芸のようなもので、太鼓を叩きながらその所作にも芸風を見せるもの。大小の太鼓を操るように叩いてその拍子を面白くするとか、巨大な太鼓を山車に乗せて叩いて練り歩くなど、太鼓を主とした芸能をいう。また極度に技巧を凝らした太鼓芸ではないが、祭礼にあたって祓いの意味と悪疫除去の呪術的要素を持たせたものもみられる。このように太鼓芸は本来祭礼にあたっておこなわれるもので、それが次第に民俗行事の鹿嶋流しや、盆踊りなどにも入り込むようになる。太鼓芸が風流化するほどに太鼓が大きくなる傾向を持つ。


祭り囃子

祭礼にあたって主に囃子を中心としておこなわれる芸能である。祭礼の山車に乗って囃すものと、囃子の太鼓など主に据え付けた小さな移動屋台のような形式の二つがみられる。祭り囃子は、祭礼による神輿の巡行にあわせたものが多く、盆踊りの囃子のように固定地でおこなわれるものではなく、移動をともなう。本県の祭り囃子では必ず最初に寄せ囃子があって、これが基本となるとされている。また、京風の流れをくむとされる祇園囃子や喧騒なけん囃子など、地域的な特色もみられる。こうした祭り囃子には踊りもつけられたり、民謡の歌舞も加えられるところもある。楽器には大小の太鼓、笛、鉦、三味線、鼓などがある。

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.