秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

知る
秋田の「民俗芸能」を解説するページです。

右のボタンをクリックすると、本事業で便宜上分類したカテゴリー(分類)の解説をご覧になれます。
大神楽(おおかぐら)

神楽というが獅子舞の一種。基本的には二人立ち一頭獅子だが、幕のなかに数人はいって舞う百足獅子のものもある。獅子頭を頭に被って、両手に鈴や御幣をとって舞うことが多い。主として伊勢信仰を元にしている太々神楽の系統で、神楽の歌にはその信仰を表す言葉が秋田県内各地の神楽にみられている。この獅子舞には獅子あやしとしての、道化役でもあるササラスリの者が鼻先で動き回り、狂言(滑稽)めいた場面があるのも特徴で、さらにお亀面をつけた女舞も加えられる場合がある。この神楽には曲芸的なものは見あたらないが、万歳、さいとり舞が付随した地域もあったり、移動や巡行には神楽屋台といって御室に獅子頭を安置して大太鼓、小太鼓をつけて囃して廻る。囃子は太鼓のほかに笛、鉦(手拍子鉦)がつけられる。

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.