秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
金山太鼓(きんざんだいこ)

所 在 地
:
大館市比内町大葛
開催場所
:
金山墓地・金山神社・稲荷神社・地域内各所
開 催 日
:
8月13日
カテゴリー
:
太鼓風流・祭り囃子
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 金山太鼓は大葛にあった鉱山によって生まれたものといわれる。鉱山で働く人びとの繁栄や癒しのためであったとされる。今日では先祖供養のためとして大太鼓を鳴らして金山墓地や集落内各所を演じて渡るものである。もともと抗夫達によって奏でられたとされることから、力のあることを誇示するかのように次第に太鼓も大きくなり、独自の進化を遂げたともいわれる。太鼓の大きさは約3尺5寸(約1.1m)もあるといい、かなり重くなっている。演目には盆踊りの曲もあったが、調査時点では供養太鼓1曲のみしか伝わらない。集落の山々に響くように強打するため、その強く大きな音が特徴とされる。太鼓には笛や鉦もつけられたというが、調査時点では伝承されていない。

協力元:大葛金山民俗芸能保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.