秋田民俗芸能アーカイブス
文字サイズ
▸秋田民俗芸能アーカイブスとは ▸本サイトについて ▸お問い合わせ

キーワード、地域、カテゴリー、開催時期から多彩な検索をすることができます。また、芸能の一覧も見ることができます。
森岳歌舞伎(もりたけかぶき)

所 在 地
:
山本郡三種町森岳
開催場所
:
三種町農村歌舞伎会館
開 催 日
:
敬老の日前の日曜日(八幡神社例祭)
指   定
:
町指定無形民俗文化財
カテゴリー
:
人形劇・歌舞伎
所在地をクリックするとGoogle Mapで地図がご覧になれます。
下記解説の下線の用語からWikipedia(ウィキペディア)または本サイト内のページをご覧になれます。




 森岳歌舞伎の発祥年代については不明である。しかし、森岳八幡神社の祭礼でおこなわれてきたことから、神社に歌舞伎を奉納したことが始まりだと考えられる。古老の言い伝えや識者の推定では、文化文政年代(1804~1830年)ではないかといわれる。その昔、巡国の山伏(六部行者とも)がこの地にきたとき、たまたま病に罹ったという。そこでこの地の神社に篭もり祈願し、村人の看護もあり全治した。そのお礼にと演じたのが始まりとも伝えられている。毎年、旧暦8月15日の神社祭礼に神賑(しんしん)行事として演じられてきた。また、大正時代には各地へ赴き興行し、森岳芝居とも称されるようになった田舎芝居であった。この歌舞伎を鑑賞した研究者は、江戸のものでも浪花のものでもなく、一種独特の型をもつ珍しい存在であり「人形浄瑠璃」の流れをくむものではないか、と評した。今日でも規模の大きさや、演劇には闊達流伸な動作の変化の妙味がよく伝承されているといわれる。現在では、森岳八幡神社境内の農村歌舞伎会館において奉納演舞されている。

協力元:森岳歌舞伎保存会

国際教養大学 地域環境研究センター   © Center for REgional Sustainability Initiatives (CRESI) All rights reserved.