三皇熊野神社獅子舞(さんこうくまのじんじゃししまい)

所在地:秋田市牛島東
開催場所:三皇熊野神社・地域内各所
開催日:1月寒の入り~14日頃
カテゴリー:獅子神楽
三皇熊野神社の里宮がある牛島で伝えられており、毎年正月の寒の入りから小正月前ころまで、町内各家の家内安全、疫病祓い、海運承伏などを祈願して舞われるお祓いの獅子舞である。舞には家々獅子とあがり獅子があり、家々獅子は家の玄関や庭先で舞うことをいい、あがり獅子は文字通り座敷に上がって舞うもので、新築の家や結婚、子どもの誕生、厄年の祓いなど、人生の節目に合わせ希望によっておこなわれている。舞い手には獅子頭を操るひとと、後ろで幕を取るひとが付き、囃子には太鼓と笛、鉦がある。獅子は鳴き獅子といって動くたび高く鳴き出す。この獅子舞は神事の神楽でも最初に舞われ、後の祭式などに支障のないようにと祭場(会場)や参列者(参加者)などを祓い清めるものとされている。協力元:三皇熊野神社獅子舞保存会

獅子神楽について